はじめてのひとり暮らし

ひとり暮らしの部屋探し

上手な部屋探しの仕方

部屋探しをする時、情報集めに一番良いのは賃貸住宅雑誌や大手不動産などが運営している部屋探しポータルサイトでネットで検索すれば、写真も豊富に掲載されていてある程度の条件に沿って選べます。

雑誌の場合だと雑誌発行までに少なくとも最低でも1週間~2週間程度かかります。より最新情報に近いものを手に入れるにはネットの方が有利かもしれません。条件を入力すれば、検索してくれるのがネットの最大のメリットです。

しかしこのネットにも盲点があり、掲載されているものは古い情報で削除さないままになっていることもあります。

どちらにしてもお部屋の間取りや住みたい地域や場所での家賃の相場などの情報は手に入れることができます。

部屋を決めるときに、大切なポイントは自分が何を優先させるかだと思います。

例えば、駅から近い所がいいのか、フローリングの部屋がいいのか、風呂、トイレが別のタイプの部屋がいいのか、色々あります。そこでまず、「自分がこんな部屋に住みたい!」っと思う条件を紙に書いてみましょう。

それに優先順位を付けていくとより具体的に、 自分がこだわっている条件が見えてきます。

ひとり暮らしにかかる費用

ひとり暮らしをするには、賃貸物件契約にかかる費用に加え、生活をはじめるためにはどうしても冷蔵庫、洗濯機などの電化製品が必要になります。

その他にカーテンや照明器具、日用品、キッチン用品などを揃えたりしていくと出費はかさみます。

生活スタイルはそれぞれ違うので食費も自炊なのかそうでないのかで大きく差が出ます。

一人暮らしの生活費では、電気・ガス・水道代などの光熱費、携帯電話やネット通信なども含めると2~3万円程度毎月は家賃以外に仏要になってきます。

いかに上手に節約したやりくりをするかも金銭管理ができれば、楽しい生活を送ることができます。